2017年3月6日 更新

出っ歯がすごくコンプレックス。でも治す方法があるんです!

小さい頃から気になっていた出っ歯。顔にコンプレックスを持つとなかなか前向きになれないこともあります。印象的で可愛らしく見えればいいのですが、自分で嫌なものはしょうがないですよね。でも、高度な審美治療なら治るかもしれません!

642 view お気に入り 0
Free vector graphic: Rat, Mouse, Cheese, Animal, Mammal - Free Image on Pixabay - 152162 (3094)

そもそも出っ歯とは?

・上の前歯が極端に前に突き出ている
・口を閉じると上唇が上った状態になり閉じにくい
・口を閉じると口元が不自然に歪んでしまう
このような症状は「上顎前突(じょうがくぜんとつ)」で、上あごや上の前歯が前に飛び出している状態です。一般的には「でっ歯」と呼ばれ、歯だけが前方に飛び出している場合と、上あご全体が突き出ている場合とがあります。
一口にでっ歯と行っても出っ歯にも種類があります。タイプによってその原因や治療法が違います。例えば抜歯をするのか、奥歯を後方へ移動させて歯の隙間を調整するのか、と言った治療前の精密検査が重要になってくるのです。
治療は審美的な目的だけでなく、歯並びやかみ合わせと言った機能的な意味もあり、将来的に健康を保つことにもつながるのです。

でっ歯の原因は遺伝?

 (2608)

そこでまず出っ歯で悩んでいる人は、ご両親の歯と自分の歯を見比べてみましょう。もしもご両親が出っ歯でありご自身も同じような形の出っ歯であれば、それは間違いなく遺伝的要因が大きいかと思います。
というのも、出っ歯の根本的な原因には骨格の形が影響しているからです。
出っ歯には歯性と骨格性の2種類が存在し、後者の出っ歯の場合は遺伝的要因が大部分を占めます。
なぜなら生まれたときから上の顎が下の顎より突出していたり、下の顎が上のより後退していたりするためです。
顔や顎の骨格が遺伝するので、成長過程で前歯が突出せざるおえなくなる場合があるのです。顔のバランスによって、上下の歯の成長のバランスも崩れていくことがあるのです。
なお遺伝と言っても、両親に遺伝しなくても、隔世遺伝の場合もあります。両親に顔が似ていないのに、おじいちゃん、おばあちゃんに似ている子っていますよね。親戚の顔の形を見比べて、どういう骨格をしているのかというのは、歯どのような影響を受けるのかという大切な情報になるのです。

治療方法ってあるの?

出っ歯になってる前歯を引っ込めないといけない訳ですが、どうやって引っ込めるかというと、小臼歯という前歯と奥歯の中間にある歯を抜いて、そこに出来たスペースに前歯を引っ込めるという方法をとります。小臼歯を抜くと、そこには5mmくらいのスペースができますが、そのスペースに前歯を下げていくわけです。さらに良いことには、前歯が下がると、上あごの骨格自体も下がります。つまり、歯だけでなく、骨ごと下がるので顔立ちがかなり変わって、美人・男前になります。
大人になってから出っ歯を治すには歯医者さんに相談することをお勧めます。なぜならちょっと特殊な治療になるからです。この治療は抜歯によって歯だけでなく、骨格を下げる治療です。なので顔全体がすっきりして、横顔から変化が見られます。
これは一般的に歯列矯正と呼ばれる治療法で、ブラケットと呼ばれるワイヤーを使い、抜歯したところから歯をずらしていくとうものです。費用と治療期間がかかりますが、効果的な治療法です。

子供のうちから治す?

 (2609)

咬合誘導とは、あごの成長をコントロールしながら、正しい位置に永久歯を誘導することです。永久歯が生えそろうまでに咬合誘導を行うと、理想的な歯並び・噛み合わせに導くことができます。

特に親御さんに知っておいていただきたいのは、咬合誘導を行うことによって、将来的に矯正が必要になったとしても、歯を抜かないで済む「非抜歯矯正」の可能性が高まることです。小学生くらいから咬合誘導を行えば、将来、矯正する際の非抜歯率はかなり低くなります。
 (2605)

子供のうちから出っ歯を治す場合、骨格が成長してくるので、ワイヤーを使って歯列矯正をするだけではうまくいきません。また小児矯正で抜歯をするのもリスクを伴います。
子供の歯を矯正する場合一番安全なのは、咬合誘導です。顎の成長に合わせて、理想的な歯並びやかみ合わせに誘導していくというものです。

大人になってからでは大変

成人してからでも矯正治療で不正咬合を改善できますが、永久歯の生え替わり前後に小児矯正(咬合誘導治療)を行えば、より多くのメリットが生まれます。

・上顎、下顎の骨が成長する力を、促進もしくは抑制する治療できる
・顎に歯が並ぶスペースを確保できる
・将来、成人矯正が必要になった場合も、治療内容が簡単になる
・将来、成人矯正が必要になった場合も、抜歯を回避できることがある
・顎関節や歯を守りながら治療ができる
小児矯正をしても、大人になっても矯正の治療を受けなくてはいけない場合が多いです。しかし、子供のうちに矯正治療をしていた場合、成人矯正がしやすくなるというメリットがありあます。大人になってひどくなって抜歯をしなくてはならないよりも、小さいうちに対処しておいたほうが、見た目で悩むこともなく、精神的にもいいですよね。

まとめ

出っ歯もチャーミングだと思えたらいいですが、なかなか前向きになれないこともあります。大人になって気になり始めることもあるかもしれません。そんな時は迷わず治療を受けてみるのもいいかもしれません。年を重ねて時に健康的な歯を保つためと思って治療をするのでもいいですね。美しく健康的な歯を手に入れられたらいいですね!
Free vector graphic: Bunny, Cartoon, Funny, Rabbit - Free Image on Pixabay - 31282 (3089)

関連する記事 こんな記事も人気です♪

相談しにくい「出っ歯」に関する悩みと歯並び矯正について

相談しにくい「出っ歯」に関する悩みと歯並び矯正について

前歯が正常な位置よりも前に出てしまっている、いわゆる「出っ歯」。それを持ちネタにしているお笑い芸人もいますが、やはり見た目が気になると悩んでいる人も多いですよね。出っ歯の原因や大人にお勧めの目立たない矯正治療についてまとめてみました。
| 133 view
「出っ歯」を治したい・・・審美歯科ではどんな治療法があるの?

「出っ歯」を治したい・・・審美歯科ではどんな治療法があるの?

出っ歯を治して歯並びを綺麗にしたいと思う方も多いと思います。出っ歯の正式名称は「上顎前突」と呼ばれ、上顎が下顎に比べて飛び出している状態のことを言います。審美歯科においての出っ歯治療も様々あり、個人個人の症状の幅によってその矯正法も変わってきます。どういった矯正法が可能なのか一緒に見ていきたいと思います。
あかねっぴ | 94 view
出っ歯に悩む人必見!インプラントによる出っ歯の矯正治療についての解説!

出っ歯に悩む人必見!インプラントによる出っ歯の矯正治療についての解説!

人目に目立つ「出っ歯」に悩む人は思いのほか多いことでしょう。出っ歯は見た目だけでなく、虫歯などのお口のトラブルにもかかりやすいのです。今回は、最新の矯正治療であるインプラント矯正での出っ歯の治療ついて解説したいと思います。
manji | 819 view
インプラントの上部構造はどんな種類がある?

インプラントの上部構造はどんな種類がある?

インプラントをする際に最も気になることの一つが、「審美性」です。インプラントは差し歯やブリッジ治療よりも、その高い「耐久性」や「審美性」が評価されてきました。今回はインプラントの上部構造によって変わる見た目の印象や、費用など気になる情報をお届けしていきます。
クッスン | 213 view
歯のコンプレックスは審美治療で治せる!?

歯のコンプレックスは審美治療で治せる!?

口を開いた時に前歯が欠けていたり、汚れがあったり、また歯茎が見えてしまったりして、気になったことはございませんか?実はこれらのコンプレックスは歯医者さんで治すことができるのです。今回はこの審美治療の方法についてご紹介します。
napoleon.eldorado | 44 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

napoleon.eldorado napoleon.eldorado