2017年3月6日 更新

歯並びを短期間で治したい!そんなときはどんな治療法があるの?

日々の仕事で忙しい、長期間の治療は面倒、そんな思いから歯の矯正治療を諦めている方も多いと思います。近年は、医療技術の発達で短期間で歯並びの矯正が行える治療方法も増えてきました。通常は数年かかるものを、数ヶ月、早いと数回の通院で完了することもあります。短期間で行える治療法にはどんなものがあるのか、またメリットやデメリットはどんなものか詳しく見ていきたいと思います。

48 view お気に入り 0

歯を削ることで短期間に治療する「セラミック矯正」

 (8079)

短期間に歯並びを矯正したい、また部分的にデコボコの歯を治したい、そういうときにはセラミック矯正という選択肢が挙げられます。

セラミック矯正とは、治したい歯の部分を薄く削り、その上から人工素材でできたセラミックを被せる治療法です。歯の全体を治すというよりも、悪い歯の部分だけを矯正するので比較的短期間で治療を終えることも可能です。治療期間は数ヶ月、早いと数週間という人もいます。

ただしセラミック矯正にはいくつかのデメリットもあります。
その一つは、健康的な歯を削らなければいけないということです。
長い目で見ると歯を削ることによって歯の強度や寿命が減少する、と指摘されるお医者さんもいます。よってそれぞれの病院によってセラミック矯正を勧めることもあれば、勧めないこともあります。

セラミック矯正のデメリットをしっかりチェック

男性患者にレントゲンを説明をする歯科医 (m015-271) | 無料人物写真フリー素材の【ビジトリーフォト】商用利用OK (8080)

セラミック矯正を受ける場合はしっかりとデメリットを確認する必要があります。
「クイック矯正(セラミック矯正)」の場合、歯の形や位置を変えられる量には限界があるので、歯並びの状態によってはクイック矯正できない場合があります。
また、冠を使用する場合には、健康な歯の歯髄を取ってしまうこともあり、場合によっては抜歯や神経除去と併せて行う場合もあります。抜歯した歯は二度と戻りませんし、歯の 切削や抜髄は歯にダメージを与える事もあるので、虫歯や歯の根っこの病気、歯根破折を引き起こす可能性もあります。

一般的には、時間が経つとラミネートベニアが剥がれたり、歯に被せた冠が割れたりするトラブルが起こることがあります。また、歯を並びを矯正するわけではないので、噛み合わせを改善することはできません。さらに、将来的なリスクとしては、歯茎が下がり人工の歯と天然の歯の境目が目立ってくるなど、逆に審美性が悪くなってしまうこともあります。

近年、注目を集めている「インプラント矯正」

 (8083)

歯並びを短期間で治療できる方法の一つに「インプラント矯正」というものがあります。
これはセラミック矯正とは全く異なっていて、歯茎にインプラント(スクリュー)を入れて歯を引っ張る方法です。

スクリューを歯茎に入れるというと痛そうなイメージがありますが、スクリューそのものは数ミリの小さいもので、歯茎に入れる際も麻酔処置を行うので痛みはありません。

プラントを埋め込むことで強い力が生じ、一日中ずっとその力で歯を引っ張っている状態が続くので短期間のうちに歯並びを改善することができます。
<インプラント矯正の特徴>
(1)痛みがほとんどなく、安全で確実な治療が行えます
(2)難しい不正咬合(良くない噛み合わせ)の治療も可能
(3)より精度の高い治療結果が期待できます
(4)治療期間が短縮されます
(5)ヘッドギアなどの面倒な装置をつける必要がない

インプラント矯正のデメリットとは?

 (8418)

短期間で行え、痛みもないとオススメされるインプラント矯正ですが、この矯正方法については各クリニックにて見解が大きく分かれているようです。

お医者さんによってはインプラント矯正の危険性を指摘されている方もいます。事故が起こったという報告も多く聞かれており、この治療を受けるか否かは慎重な判断が求められます。

お医者さん側の一方的な勧めを信用するのではなく、一度デメリットをしっかり確認し、他のお医者さんの意見も交えながら最終的な判断を行ってください。

まとめ

「短期間で治療可能!」と粗末な治療法を選択すると、かえって悪い結果になってしまうこともあります。短期間の矯正治療を行う場合は、その治療法のメリット・デメリットをしっかりと把握しておくことが大切です。

特にインプラント矯正では手術が必要となるので、細心の注意が必要です。
セカンドオピニオンなども活用しながら自分にとって最適な治療方法を見つけてください。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

将来の歯並びのために!適正時期から始めたい子供の歯科矯正♪

将来の歯並びのために!適正時期から始めたい子供の歯科矯正♪

最近の子供の顎の発達は未熟で、多くの親が子供に何らかの歯科矯正をしたいと考えている傾向にあります。歯並びの良し悪しは、相手に与える印象を左右します。更に、健康にも大きく関わりを持つことから、軽視することは出来ません。一般的に低年齢から治療を始める歯科矯正ですが、その時期から治療をする事でのメリットと、デメリットについてご紹介します。
チーズman | 438 view
歯並びを綺麗にするための手術って本当に安全?メリットとリスク

歯並びを綺麗にするための手術って本当に安全?メリットとリスク

歯並びをきれいにするための治療といえば一般的に歯の矯正を思い浮かべると思いますが、手術で歯並びをきれいにする治療方法もあります。では、どういう場合に手術が必要なんでしょうか?歯の手術についてお調べしましたので参考にしてみてください。
なつき | 142 view
歯並びが汚いとデメリットが多いって本当?

歯並びが汚いとデメリットが多いって本当?

もちろん歯並びがきれいにこしたことはないですが、歯並びが汚いと見た目以外で何か困ることはあるのでしょうか?歯並びが汚いと、どんなデメリットがあるのかをご紹介します。歯並びが汚いことでのデメリットを知り、今後の対策のための参考にしてみてくださいね。
なつき | 411 view
歯並びをきれいにしたい!マウスピース矯正ってどんな矯正?

歯並びをきれいにしたい!マウスピース矯正ってどんな矯正?

歯並びが悪いことに悩んでいる方って多いですよね。一般的なワイヤー矯正ではなくマウスピースをはめて矯正する方法があるのをご存知ですか?マウスピース矯正とはどんなものなのか?費用はどのくらいかかるのか?気になるマウスピース矯正についてご紹介します。
なつき | 265 view
”歯並びのよさは育ちのよさを表す”の本当の意味

”歯並びのよさは育ちのよさを表す”の本当の意味

一般的には”歯の矯正ができる経済的余裕がある=育ちがいいという解釈が多いですが、本当はその金銭的な意味だけではない、ということをお伝えいたします。
麻衣 | 2,328 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

あかねっぴ あかねっぴ