2017年3月6日 更新

【歯の悩み】歯並びが悪くなる原因とは?

歯並びって意外と気になりませんか?他人のきれいな口元を見て、なんで自分はこんなに歯並びが悪いのだろうと思ってしまうことも。自分の子供には同じ思いをしてほしくないと思っている方も多いと思います。なぜ、歯並びが悪くなってしまうのか。その原因を紹介します。

78 view お気に入り 0

子どものころに歯並びが悪くなる主な原因は?

子どもの歯 |写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (1416)

子供のころからの癖で歯並びが悪くなってしまうことがあります。うちの子は大丈夫?と不安に感じるようであれば、癖を早めに見つけてあげましょう。歯並びが悪くなってしまう主な原因としては、以下のことがあげられます。

1.指しゃぶり

子供の指しゃぶりは3歳ぐらいまでは正常な行動です。歯並びを気にするあまり、無理やり止めさせようとしますが、決して異常な事ではないということを覚えておきましょう。5歳を過ぎても指しゃぶりを止めないようだと歯並びに影響を与えます。

2.口呼吸

本来は鼻呼吸をしますが、鼻炎や癖によって口呼吸になることがあります。口呼吸になることで、上顎が成長できず狭くなることで出っ歯になりやすくなります。

3.下唇を噛む

下唇を噛む行為は比較的少ないようです。ストレスや指しゃぶりに変わる行為として見られます。

4.舌を出す癖がある

無意識に歯の間から舌を出している状態で、舌癖(ぜつへき)と呼ばれていて、常に歯を押し出す力が加わります。口呼吸や、指しゃぶりからなりやすくなります。

5.シーツや爪などを噛む

口の動きが不自然になるので、歯がずれて歯並びが悪くなります。シーツなどを噛む癖は、前歯の1本だけがずれてしまう場合もあります。

6.硬いものを噛まない

硬いものを食べることによって、顎が発達します。それに合わせて歯もバランスを取るので、歯並びが良くなります。

7.頬杖をついている

頬杖をつくことによって歯を内側に強く押している状態になってしまいます。特に、子供の場合は、成長過程で柔らかく余計に歯並びに影響が強くなってしまいます。
Free photo: Baby, Kid, Boy, Nikita, Son - Free Image on Pixabay - 1465887 (1660)

もし、矯正をしてもこれらの事を改善しておかないと、再び歯並びに悪い影響を与えてしまいます。歯並びは、口の周りの筋肉に影響を受けやすいので、口を開けたままでいるもよくありません。口を閉じる筋肉が緩んでしまい、下顎が十分に発達できなくなってしまいます。
実は子供の歯並びは舌とお口の周りの筋肉によって大きな影響を受けます。歯は舌とお口の周りの筋肉に押され、その中央に位置するように並びます。癖や異常な力が歯にかかり続けると、その力に押され顎の形が変わり、歯並びが悪くなるのです。正しい呼吸法や飲み込み方、悪い癖を治すことは、お口の正常な機能を回復することです。それによって歯並びもきれいに整うのです。

遺伝は関係するの?

考える女の子2|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (1417)

自分の歯並びが悪いと、子供の歯並びが気になります。
歯の大きさや、顎の大きさは親の遺伝である程度決まってくるので、親の歯並びの悪さが遺伝してしまわないか不安になります。
しかし、歯並びの悪さは、遺伝が関係するのは3割程度で、あとは後天的な理由が関係しています。
指しゃぶりや口呼吸、姿勢などの癖から歯並びを悪くしてしまう原因を作ってしまうので、普段から癖を気にして見てあげることが大切です。
歯並びの良し悪しは遺伝するもの、遺伝が大きいものと考えている人も多いようですが、実際に遺伝の影響によって歯並びが左右される割合は、3割程度と言われています。

親や祖先の歯並びが悪いからと言って、それがそのまま遺伝する割合は比較的低いということです。歯並びは遺伝以外のものが7割、育ってきた環境やクセなどで歯並びがどうなるか決まるとされています

歯並びが悪くなる前から予防を

歯並びが悪くなることは、決して良いことではありません。
見た目が悪くなることも一つですが、虫歯や口臭などにも悪影響を及ぼします。どうしても歯並びが悪くなってしまうこともあります。そんな時は、歯科矯正も検討にいれるといいかもしれません。
後天的な影響から歯並びが悪くなる要素が強いということは、気を付けていれば予防ができます。決して難しいことではないので、早い段階からしっかり意識してあげることが大切です。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【症状別】歯のトラブルの原因を解説

【症状別】歯のトラブルの原因を解説

一言で歯の痛みと言っても、その症状は様々です。痛みの症状によって、その痛みがどこから来るもので、どのような治療が必要になるのかが分かることもあります。痛みの原因を知ることで、歯のトラブルを改善しましょう。今回は、症状別に歯のトラブルの原因を探っていきたいと思います。
ぶーちゃん | 130 view
あなたは大丈夫!?就寝時の歯ぎしりの原因と解消法

あなたは大丈夫!?就寝時の歯ぎしりの原因と解消法

就寝しているときに歯ぎしりが聴こえてくると気になって眠れなかったりしますよね。逆に自身が歯ぎしりしているという人は、最近周囲から怒られたり注意されることが日常で多くなってはいないでしょうか?そこで今回は歯ぎしりが起きる原因と解消法を紹介します!
みずほ | 208 view
将来の歯並びのために!適正時期から始めたい子供の歯科矯正♪

将来の歯並びのために!適正時期から始めたい子供の歯科矯正♪

最近の子供の顎の発達は未熟で、多くの親が子供に何らかの歯科矯正をしたいと考えている傾向にあります。歯並びの良し悪しは、相手に与える印象を左右します。更に、健康にも大きく関わりを持つことから、軽視することは出来ません。一般的に低年齢から治療を始める歯科矯正ですが、その時期から治療をする事でのメリットと、デメリットについてご紹介します。
チーズman | 419 view
歯並びを綺麗にするための手術って本当に安全?メリットとリスク

歯並びを綺麗にするための手術って本当に安全?メリットとリスク

歯並びをきれいにするための治療といえば一般的に歯の矯正を思い浮かべると思いますが、手術で歯並びをきれいにする治療方法もあります。では、どういう場合に手術が必要なんでしょうか?歯の手術についてお調べしましたので参考にしてみてください。
なつき | 134 view
歯並びが汚いとデメリットが多いって本当?

歯並びが汚いとデメリットが多いって本当?

もちろん歯並びがきれいにこしたことはないですが、歯並びが汚いと見た目以外で何か困ることはあるのでしょうか?歯並びが汚いと、どんなデメリットがあるのかをご紹介します。歯並びが汚いことでのデメリットを知り、今後の対策のための参考にしてみてくださいね。
なつき | 397 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

かおり かおり