2017年3月6日 更新

いつまでも健康でいるためにインプラントをしたい!費用にはローンが使える?

人間の歯と健康には密接な関係があります。しっかり噛んで食べるということは、全身の健康を維持するための基本動作です。しかし加齢とともに歯が弱るのは仕方がないことです。そんな時、歯科で人工歯根を埋め込むインプラントをすすめられることがあります。しかし、自由診療だから支払いが気になるという方も多いですよね。そんな時はローン利用を検討してみましょう。

23 view お気に入り 0

ローンでインプラントの自費負担を分割

 (3579)

インプラントの手術は、歯槽骨にインプラント(人工歯根)を埋め込んで土台を取り付け、その上にブリッジや入れ歯を装着するというものです。
自分の力でしっかり噛めるためとても人気がある治療法ですが、医療保険が適用にならず、自費治療になるのがネックです。

しかし、やってみたいけど、まとめて治療費を払うのが大変そう…と思う人には、歯科ローン(デンタルローン)があります。
これはインプラントや矯正歯科など、自費で治療する人のためのローンです。
デンタルローンとは?
一度にまとまったお金を用意することが難しい場合には、デンタルローン(歯科治療専門のローン)を利用するという方法もあります。
ローン会社が患者さんに代わって治療費を支払い、患者さんはローン会社に月々定められた金額を返済していくシステムです。歯科医院によっては、特定のローン会社と提携し、敏速に手続きができるようにしているところもあります。
インプラントのローンは、主に信販会社がおこなっています。信販会社が治療費を歯科に対してまとめて立て替え払いをし、利用者は信販会社に対して治療費+手数料を分割払いすることになります。ボーナス時のまとめ払いを併用できるタイプもあるので、生活スタイルに合わせてムリなく支払っていけるのです。
費用が気になってインプラントをあきらめているなら、ローンの利用を検討するといいでしょう。

信販会社と銀行ローンとの違いは金利!

Free photo: Achievement, Bar, Business, Chart - Free Image on Pixabay - 18134 (3584)

デンタルローンを利用しなくても、銀行の設定している多目的ローンでもいいのでは?と思う人もいるでしょう。
インプラントのローンと銀行ローンの大きな違いは、インプラントのローンのほうが金利が低く設定されていることです。具体的に比べてみましょう。

たとえば、スルガ銀行の場合です。
使用目的が限定されず、担保なしのローンを組もうとするとカードローンになります。
スルガ銀行のカードローン金利は3.9%~14.9%(2017年2月調べ・以下、金利等は同条件)に設定されています。しかし、同じスルガ銀行でも、インプラント費用に使えるデンタルローンの金利は7~11%です。

最低金利だけを比較すると、カードローンのほうがお得な気がしますね。
しかし一般的にカードローンの金利は、最大金利が適用されることが多いものです。
こうなるとデンタルローンの最大11%が安い金利になるのです。

スルガ銀行に限らず、オリコ、千葉銀行などがインプラントのローンを扱っています。
それぞれサービス内容が違っているので、利用前に比較検討しましょう。
デンタルローンは、高額な歯科治療費に対応できるように利用限度額が高く、一般的なクレジットカードと比べて分割払手数料率(金利)が低いのが特徴です。、現金での毎月分割払いに比べ、医療費控除による節税効果が期待できます。

手続きはWeb上でできるので、窓口へ行く必要なし

 (3591)

インプラントのローンを利用する場合のメリットは、手続きがほぼネット上で終わる点です。
銀行のローンのように手続きのために窓口へ出向く必要がありません。

たとえば、株式会社オリエントコーポレーション(オリコ)のインプラント用ローンなら、提携の歯科で初回の診察を受け、歯科医師からの説明を聞いてから総費用の見積もりをもらいます。
このとき、オリコの申し込み用パンフレットも渡されますので、パンフに記載されているURLへアクセスするだけ。
あとは画面に従って、必要事項を入力して送信。信販会社の診査に通れば、ローンが借りられます。

インプラント用ローンは、カードローンやクレジットカードよりも長期の分割回数が選べるのもメリットです。最大で120回の返済ができるところもあり、毎月の支払金額を低く抑えることができます。
最高120回払いや最長七年払い可能という銀行もありますので、利率や返済のゆとりを考えるとクレジットカード払いより金融機関のローンを利用する方もいるかもしれません。

インプラントのローンを使う場合、注意点は3つ

インプラント用のローンには利用に際して注意すべき点もあります。
ここでは大きなものを3つあげておきましょう。

まず、ローンの利用目的が限定されること。
保険適用外であれば、マウスピースなどの付属品のコストも合算してローン額に含められます。
デンタルローンとは、簡単にいえば、利用目的を「歯科治療費」に限定した立替払制度です。
次に、信販会社や銀行の診査があるということ。
18歳以上で安定した収入があれば審査に通りますが、なかには利用できない人もいます。
未成年の場合は親権者が連帯保証人になる必要があります。
借入額も人によって異なり、審査結果によっては希望した金額が借りられないケースもあります。

最後に、ローン対応していない歯科もあるということ。
クレジットやインプラント用ローンに対応している歯科は多いのですが、利用できないところもあります。
事前に必ず確認をしましょう。

ローンで費用を気にせず治療が受けられます

Free photo: Attractive, Beautiful, Beauty, Face - Free Image on Pixabay - 19161 (3611)

インプラントはトータルの治療費が高額になります。
だからこそ、費用を理由にして治療に制限をもうけたくない、最後まで安心して治療を続けたいという人は、ローンの利用を考えるといいでしょう。
ローンを申し込む時は、返済金額が気になるものですが、これも申し込み時にネットでシミュレーションできるサイトが多いんです。毎月の返済額がすぐにわかりますから、返済計画を立てやすいですね。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

インプラント手術における腫れについて

インプラント手術における腫れについて

芸能人は歯が命という言葉がありますが、芸能人ではなくても歯は人にとって大切なものですね。食べることでもそうですが、話すときにも笑顔のときにも歯が無いとぎこちないものになってしまいます。歯が無くなっても今はインプラントという手段があり、インプラントをする人が非常に増えています。インプラント手術時に腫れや痛みが生じる不安がある方に、少しでも不安が解消できるようにインプラントの腫れについてまとめました。
明日香 | 145 view
全部の歯をインプラントにすると費用はいくら?全部すべき?

全部の歯をインプラントにすると費用はいくら?全部すべき?

虫歯になってしまって歯を全部インプラントにしたいという方や、芸能人のように白く歯並びもキレイな歯にしたいという方は多いのではないでしょうか。今回は、全部の歯をインプラントにした場合にかかる費用や、そもそも全部の歯をインプラントにするべきかなどをまとめました。これからインプラントをお考えの人もぜひ参考にしてみてください。
明日香 | 2,651 view
抜歯をした後にオススメなのはインプラント?ブリッジ?

抜歯をした後にオススメなのはインプラント?ブリッジ?

虫歯や事故など、何らかの理由により抜歯をすることになってしまったとき、抜歯後の歯をどうするかについてはいくつかの方法があります。その中でもインプラントとブリッジで悩む方も多いようですので、今回はインプラントとブリッジについてメリットや特徴などをご紹介していきます。抜歯をすることになってしまった場合など、参考にしていただければと思います。
明日香 | 197 view
費用が高額になるインプラント、高額医療のための制度を使える?

費用が高額になるインプラント、高額医療のための制度を使える?

歯の健康に注意している人は、いち早くインプラント治療を受けているようです。インプラントはあごの骨に人口歯根を埋め込むことで自然な人口の歯を装着します。部分入れ歯と違って、自分の歯で噛むのに近い感覚で食べられるので、噛む機能の回復に役立つといわれています。ただし、問題は費用です。自己負担を少しでも減らす方法はないでしょうか。
山村 | 551 view
インプラントをした年は、確定申告で還付を受けられるかも!

インプラントをした年は、確定申告で還付を受けられるかも!

いつまでも自分の力でしっかり食べたいと思っていて、インプラントを考えている人もいるでしょう。インプラントは本来の歯の構造にとてもよく似ているので、自然な力で噛めてストレスも軽くなります。とはいっても、自由診療ですから治療費は高額になります。しかし確定申告をすれば還付があるかもしれないって、ご存知でしたか?
山村 | 145 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

山村 山村