2017年3月6日 更新

【虫歯ゼロ】今日から取り入れたいおすすめの歯磨き方法

きちんと歯磨きしているつもりなのに虫歯になってしまう・・・これは磨き残しがあるからかも知れません。いつもの歯磨き方法を歯医者さんがおすすめする3つのポイントを取り入れるだけで、歯周病を予防しましょう。

82 view お気に入り 0

1. 歯磨き粉の適量

オーラルケア・練り歯磨き 05|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (8976)

いつも習慣的にしている歯磨き。まず最初に歯磨き粉を歯ブラシにつけますが、一体どの位の量を使ったら良いのでしょうか?
歯磨き粉にはミントなどの香料が含まれていて、爽快感(スースーする感じ)を与えます。この爽快感があると、磨き残しがあるにも関わらず歯磨きをやめてしまいがちです。
しかも歯の表面を傷つけてしまうこともあるため、使い過ぎは逆効果。豆粒大くらいで良いのです。
泡立ちが多くて口の中が爽快感に溢れていると、磨き残しがあるにも関わらず歯磨きをやめてしまいます。また歯磨き粉には研磨剤(歯の汚れを落とす薬剤)が含まれているので、あまり多くの歯磨き粉を使用してしまうと歯の表面のエナメル質を傷つけてしまいます。エナメル質を傷つけてしまうと、中の象牙質が露出してしまうので歯が余計に黄色く見えてしまいます。

※日本人は欧米人に比べて、象牙質が厚く、エナメル質が薄いので歯が黄色く見えやすくなっています。

これらのことから、現在では小豆1粒分、多くても歯ブラシの3分の1くらいが適量と言われています。これ以上の歯磨き粉の使用は、

歯磨き粉の無駄使い
歯を綺麗にする筈が歯を痛める結果になる
と本来の目的の逆を行く矛盾が生じてしまいます。気を付けましょう。

2. 歯ブラシを当てる位置と角度

歯磨き|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (11611)

歯磨きと言っても、実際は歯の表面を磨くのではなく、歯と歯肉の間の汚れ(歯垢)を落とすのが目的です。
歯と歯肉の境目に、45度の角度になるようにしっかりと歯ブラシの毛先を当てることがポイントです。
歯垢(細菌の塊で、プラークともいいます)は歯と歯肉の境目につくので、この場所をめがけて歯ブラシを当てます。歯ブラシの毛先が、歯と歯肉の境目に45度の角度になるようにしましょう。歯と歯肉の境目には約3ミリの溝があるのですが、そこに毛先を確実に当てることがポイントだそうです。

歯と歯肉の境目に毛先が確実に当っていなければ、この後の手順を踏んでも効果はあまりないと言っても過言ではありません。

自分では歯磨きをしているのに歯医者さんで「磨けていませんね」と言われるのは、歯垢にきちんと歯ブラシが当たっていないのが大きな原因です。まずは、歯と歯肉の間にしっかりと毛先を当てましょう。

3. 歯ブラシ+αで磨き残しなし!

デンタルフロス・歯間ブラシのイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや (11612)

歯磨きができても、歯と歯の間にはまだ汚れ(歯垢)が残っています。なんと歯ブラシだけのブラッシングでは、歯垢全体の58%しか除去できないという報告があります。
デンタルフロスや歯間ブラシなどの補助用具を使い、できるだけ磨き残しをなくしましょう。
歯により歯垢を残さないようにするためにも、フロスや歯間ブラシなどの清掃補助用具を使用しましょう。

実は、歯ブラシだけのブラッシングでは、歯垢全体の58%しか除去できないという報告があります。歯ブラシに加え、デンタルフロスを使用すると86%、歯間ブラシを使用すると95%の歯垢が除去できます。

つまり、歯ブラシだけでどんなに頑張って歯を磨いても、「歯を磨いた」とは言い難いのです。

まとめ

満面の笑みの女の子|フリー写真素材・無料ダウンロード-ぱくたそ (11613)

習慣を変えたり、新たに器具などを揃えたりするのはとても大変です。しかしいつもの歯磨きが、少しだけポイントを押さえるだけでグンと効果的になるのです。
慣れるまでは鏡を見ながらブラッシングしたり、歯間ブラシを使うのもひとつの方法です。
つい自己流になりがちな歯磨きですが、歯医者さんから直接指導を受けるのも良いでしょう。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

歯の抜くのは抵抗が…そんな人におすすめの矯正方法とは?

歯の抜くのは抵抗が…そんな人におすすめの矯正方法とは?

歯の矯正を行う=歯を抜くと思っていませんか?歯の矯正はやってみたいけれど、歯を抜くのに抵抗があるという人もいるのではないでしょうか。そもそも歯の矯正は歯を抜かないとできないものなのでしょうか?歯を抜かない歯の矯正についてご紹介しますので参考にしてみてくださいね。
なつき | 476 view
健康な歯を保つには欠かせない!おすすめの「デンタルフロス」!

健康な歯を保つには欠かせない!おすすめの「デンタルフロス」!

毎食後きちんと磨く事が大切とされている歯磨き。実は歯ブラシだけでは汚れの約50%しか除去できないって知っていましたか?歯磨きの補助用具を上手に使い、綺麗な歯を保ちたいですね。今回は、歯の汚れを取るのに欠かせないデンタルフロスのおすすめを紹介したいと思います。
ばぁーさん | 116 view
意外と知らない?歯磨き方法についての基礎知識

意外と知らない?歯磨き方法についての基礎知識

毎日の習慣の歯磨きですが、みなさんはどのような方法で歯を磨いていますか?汚れをよく落とすために、ゴシゴシと強く磨いていたりしませんか?実はそれ、正しい方法ではありません!口内環境改善にも役立つ、歯磨きの基礎知識についてご紹介します。
しーちゃん | 64 view
実際どれがいいの?歯のインプラントのおすすめはコレ!

実際どれがいいの?歯のインプラントのおすすめはコレ!

歯の状態が悪く「インプラント」に変えようと思っている方や差し歯から「インプラント」に変更しようと思っている方で、実際はどのインプラントがおすすめなのか不安になりますよね。そこで、歯の「インプラント」を選ぶためのコツや、おすすめを紹介します。参考にしてみてくださいね。
| 51 view
間違った歯磨き方法とはおさらば!必要なことは5つのポイント!

間違った歯磨き方法とはおさらば!必要なことは5つのポイント!

小さい頃から習慣としてきている歯磨き。習慣になればなるほど、少し本来の意味を忘れてしまう人も少なくないはずです。しかし歯磨きに関しては学校などで歯科衛生士さんが歯磨き方法の指導にくるほど、正しい方法を身に付けることが重要になります。
ryosuke | 54 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

bluesky bluesky