2017年3月6日 更新

【手遅れになることも】子供の歯の矯正はいつからが最適?

子供の歯の矯正はいつから始めるのが良いのか、悩ましいところですよね。今回はそんな子供の歯の矯正について、いつから始めるべきなのかということや歯列矯正において「手遅れ」とは何なのかを解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

141 view お気に入り 0

子供の歯の矯正とは?

 (8914)

小児矯正治療では、骨格を矯正する1期治療と歯並びを調整する2期治療に分かれます。
お子さんの歯並びや、噛み合わせなどによって小児矯正専門医が治療計画を立てます。

1期治療(骨格矯正)・・・3歳~12歳
2期治療(歯列矯正)・・・10歳~成人
子供の歯の矯正は大人のものとは目的が少し違います。

3歳~6歳

まだ乳歯の時期ですが、受け口や下アゴの位置が前後左右にズレている場合はマウスピース矯正が可能です。

7歳~10歳

乳歯と永久歯が混じって生えている時期(混合歯列期)です。この時期は顎の骨の成長をコントロールできるため、早期の治療(一期治療)を開始するのに適しています。

12~15歳

永久歯が生えそろう時期(永久歯列期)です。完全に成長が止まる前に、一本一本の歯に装置をつける本格的な矯正治療(二期治療)を開始するのに適しています。

中学生以降

中学生になるとほとんどの子が永久歯に生え揃っています。
永久歯は乳歯に比べ歯根がしっかりとしているので、矯正で歯を動かすのに時間がかかります。

また歯と歯の重なりや出っ歯の問題がある場合は、矯正前に抜歯をする必要も出てくるかもしれません。
何かと多感な時期でもあるので、矯正器具の装着によって精神的苦痛を感じるお子さんもいます。

実際いつから子供の歯の矯正を開始するべきか

Free photo: Kid, Children, Baby, Kiddie, Summer - Free Image on Pixabay - 1365105 (11129)

上記の内容で3歳から開始できるものとしましたが、「3歳から開始する必要がある」という意味ではありません。歯の状態によっては一期治療だけで済むこともあれば、二期治療だけで済むこと、両方必要なこともあります。本当にはっきりとした開始時期は、実際にお医者さんに歯を診てもらわないことには判断することは難しいと言われています。
子どもの矯正治療のスタート時期については様々な考え方があります。お口の中の状態、体の成長、心の成長を見極め、矯正医と親御さん、そしてお子さん自身と相談しながらそれぞれに合ったスタート時期を決めていきます。

 性別、年齢、性格、生活スタイル、学校での過ごし方、患者様のご希望などもふまえて矯正医から治療計画をご提案します。疑問や不安ご希望などがあれば納得いくまでご相談ください。

子供の歯の矯正で「手遅れになる」とは?

Free photo: Brothers, Boys, Kids, Baby, Newborn - Free Image on Pixabay - 457234 (11131)

手遅れとは、永久歯が生え揃ってしまう時期には「一期治療は受けられない」ということです。一期治療では主に顎の成長をサポートしますが、中学生くらいだと二期治療しか受けられません。

一期治療を受けておくことで二期治療が安くなったり、二期治療が簡単に終わったりする可能性があるので、受けられるのであれば一期治療は受けておいた方が良いのです。
1期治療をおこなう目的

多くの患者さんでは永久歯列期の矯正治療(2期治療)が必要です。したがって、あえて1期治療を行う目的としては、次のような場合です。

1期治療を行うことで、2期治療を行う必要がなくなる場合
1期治療を行うことで、2期治療での負担が軽減できる場合
1期治療を行わないと、歯にダメージを与えたり、将来の顎骨の発育に影響を与える可能性のある場合

不正咬合のために機能が阻害されて成長に影響が出る場合や、咬み合わせが悪いことで歯や歯周組織を傷つけてしまうような場合には、速やかに治療を開始する必要があります。
しかし、歯の状態によっては一期治療をおこなわないほうが良い場合もあるので、この判断は歯医者に一任しましょう。

子供の歯をいつから矯正するか迷ったら「早めの相談」

・いつから開始するべきかという質問であれば「歯の状態による」という答えになります。

・いつから矯正できるのかという質問であれば「3歳から」という答えになります。

・いつからやったほうが良いのかという質問であれば「歯の状態によって早い方が良いこともある」という答えになります。

つまり、何よりも大切なのは「早めに相談すること」です。インターネットの情報である程度様々な情報を入手できるようになりましたが、歯の矯正においては実際の歯を診てもらわないことにはハッキリとしたことが言えません。

相談だけでいきなり矯正を強要されることはなく、しっかりと話し合って見積もりを出してくれる歯医者が多いので、まずは早めに相談するようにしましょう。
Free photo: Girl, Smiling, Kid, Cute, Young - Free Image on Pixabay - 403511 (11132)

関連する記事 こんな記事も人気です♪

大人になって困らないために!早期から始めたい子供の矯正歯科あれこれ☆

大人になって困らないために!早期から始めたい子供の矯正歯科あれこれ☆

親として、できることなら子供には苦労せずに楽しい人生を過ごしてほしいと思いますよね。人は中身が大切とは言いますが、第一印象を決めるのは見た目の要素が多く占めます。歯並びが悪いと印象が良くないとよく言われますが、子供のころにしっかりと直してしまえば大丈夫!ここでは、子供の矯正しかについて様々な角度からご紹介していきます。
里奈 | 346 view
将来の歯並びのために!適正時期から始めたい子供の歯科矯正♪

将来の歯並びのために!適正時期から始めたい子供の歯科矯正♪

最近の子供の顎の発達は未熟で、多くの親が子供に何らかの歯科矯正をしたいと考えている傾向にあります。歯並びの良し悪しは、相手に与える印象を左右します。更に、健康にも大きく関わりを持つことから、軽視することは出来ません。一般的に低年齢から治療を始める歯科矯正ですが、その時期から治療をする事でのメリットと、デメリットについてご紹介します。
チーズman | 401 view
【歯列矯正を考える理由】子供からシニアまで、歯並びが良くなるとどこが変わるの?

【歯列矯正を考える理由】子供からシニアまで、歯並びが良くなるとどこが変わるの?

歯列矯正は時間も費用もかかる大変な決心です。けれど、それを決心させるだけの嬉しい変化があります。それは年齢に関係なく一生涯にわたっての効果です。それぞれの年代で、歯並びが良くなれば何が変わるのかご紹介します。
まき | 138 view
子供の歯の矯正はローンで払える?使えるローンの種類と選び方

子供の歯の矯正はローンで払える?使えるローンの種類と選び方

子供の歯の矯正は高額な出費なので、ローンを使いたいというご家庭は多いです。そこで今回は、子供の歯の矯正費用をローンで払えるのか、払うとしたらどんなローンを選べば良いのかなどを解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。
馬場 | 46 view
【できるだけ出費を抑えたい】子供の歯の矯正費用にはなにか補助がある?

【できるだけ出費を抑えたい】子供の歯の矯正費用にはなにか補助がある?

子供に歯の矯正を受けさせたいけど出費が…という家庭は多いことでしょう。そんな時に気になるのが「公的な補助」の有無です。今回はそんな子供の歯の矯正に補助はあるのか、使えるのかと言ったことや少しでも総支出を抑える医療費控除について解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。
馬場 | 219 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

馬場 馬場