2017年4月20日 更新

歯のインプラントの知っておきたいデメリット

「インプラント」の手術を行いたいなと思っている方に知って欲しい「インプラント」の入れた時のデメリットについて紹介します。歯をキレイに治療するために行われている治療ですが実は身体によくないこともあります。デメリットをしっかりしって治療に挑みましょう。「インプラント」について、関心のある方は是非参考にしてみてくださいね。

53 view お気に入り 0

喫煙者は悪影響が多い

Free photo: Cigarette, Smoking, Smoke, Ash - Free Image on Pixabay - 599485 (3854)

喫煙者の場合は、「インプラント」に与える悪影響が多いです。入っている「タール」による歯の黒ずみなどによる見た目の悪影響や、「ニコチン」によっての歯の炎症がお越しやすくなったりなどの悪影響があります。炎症が起きてしまうと、「インプラント」の結合がとれやすくなったりもします。

治療の期間が長い

通常の歯の治療より、「インプラント」の治療の方が期間が長くなります。期間は、診療している歯科や患者さんの歯の状況により変わりますが、結合するまでに時間がかかってしまうので、基本的には治療期間が長いと考えるのが一般的です。歯科にマメに通える方や、時間のある時に行うのがベストです。最近では、治療期間を短くすることができる治療法もあるので、担当の歯科の先生に問合わせてみてくださいね。
インプラントの機能性の高さは、インプラントが骨と結合することで得られます。
インプラントを埋入してから、歯槽骨と結合するまでに数か月の期間を要してしまうため、インプラントは治療期間が長くなってしまうのです。

マメなメンテナンスを行う必要がある

手術後も、マメに歯科にメンテナンスに行かなければなりません。歯の結合状況や、細菌が入って炎症をおこなしていないかなど「インプラント」を入れてから問題が起きていないかをチェックしてくれます。「インプラント」の種類によっては、問題がある場合すべて入れ替えなければいけないこともあります。また、日頃から歯を磨くのが苦手だったり、歯にしっかり気を配れない方は「インプラント」の維持が難しいです。
インプラントはメンテナンスを怠ってしまうと歯周病で抜けてきてしまうことがあります。
インプラントも歯と同じように歯石が付きます。インプラントは歯よりも防御する力が弱いため、インプラントの周りに細菌が残っていると、歯茎が腫れたり、膿が出たり、揺れてきたりすることがあります。

保険が適用できない

Free photo: Calculator, Calculation, Insurance - Free Image on Pixabay - 385506 (2575)

治療費を3割負担してくれる保険を適用することができません。保険が効かないので治療費用が割高になります。いくら治療費がかかるかは、担当の歯科に問い合わせておくと、スムーズに治療を行うことができます。ただし、治療費が一部返ってくる「医療控除」を受けることができます。

失敗することがある

無料の写真: 手術, ツール, メス, はさみのペア, ピンセット, 副 - Pixabayの無料画像 - 1662204 (2572)

手術の治療になるので、希に失敗することがあります。歯を実際に使ってみて使いづらかったり、手術前にしっかり診察や相談をしていなかったりした場合、失敗しやすくなります。現在では、長年使われている治療法なので、成功率もあがっており、しっかり診療をすれば特に問題はありません。

健康状態によっては受けられないことがある

手術の治療になるので、手術を受けることができない健康状態の場合は受けられないことがあります。糖尿病になっていたり、金属アレルギーの方などは、手術が難しいです。健康状態のチェックは、事前にしっかり行っておきましょう。また、歯科の先生に病気を持っている場合はしっかり申告しておかないと失敗の原因となります。歯が弱っていたり、骨に問題があったりする場合も受けられないことがあります。

まとめ

「インプラント」は、メリットもありますがやはりデメリットもあります。手術を検討している方は、どちらもしっかり知ったうえで考えてみてくださいね。また、担当の歯科でも相談は受け付けてくれるので気軽に相談してみるのもおすすめです。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

インプラント治療後の歯茎下がりを改善する『歯茎再生治療』の治療法と治療費用!

インプラント治療後の歯茎下がりを改善する『歯茎再生治療』の治療法と治療費用!

インプラント手術を受けた後に、歯茎が下がって金属部分が露出してしまったということは、意外にも多いと言われています。そこで今回は、インプラント後の歯茎下がりを改善する『歯茎再生治療』についての基礎知識を解説していきます。インプラントの金属が見えてしまっているという人は、ぜひ参考にしてください。
みさと | 339 view
費用が高額になるインプラント、高額医療のための制度を使える?

費用が高額になるインプラント、高額医療のための制度を使える?

歯の健康に注意している人は、いち早くインプラント治療を受けているようです。インプラントはあごの骨に人口歯根を埋め込むことで自然な人口の歯を装着します。部分入れ歯と違って、自分の歯で噛むのに近い感覚で食べられるので、噛む機能の回復に役立つといわれています。ただし、問題は費用です。自己負担を少しでも減らす方法はないでしょうか。
山村 | 579 view
インプラントの治療はどのように行われるのか?治療のための手順を解りやすく解説!

インプラントの治療はどのように行われるのか?治療のための手順を解りやすく解説!

インプラントの治療が必要とされるケースは、ほとんどの場合が損傷や欠損による歯の再生です。もちろん例外はありますが、インプラントは失われた歯の代わりとなる人工歯を埋め込む治療なので歯が無いことが前提になります。このインプラントを行うにはどのような手順が必要なのか、解りやすく解説していきます。
manji | 48 view
実際どれがいいの?歯のインプラントのおすすめはコレ!

実際どれがいいの?歯のインプラントのおすすめはコレ!

歯の状態が悪く「インプラント」に変えようと思っている方や差し歯から「インプラント」に変更しようと思っている方で、実際はどのインプラントがおすすめなのか不安になりますよね。そこで、歯の「インプラント」を選ぶためのコツや、おすすめを紹介します。参考にしてみてくださいね。
| 57 view
歯のインプラントを入れた後のタバコの影響とは?

歯のインプラントを入れた後のタバコの影響とは?

歯を「インプラント」に治療した場合、タバコは吸っても大丈夫なのか?と今までタバコを吸っていた喫煙者が疑問に思うと思います。「インプラント」治療を行ったあとの、タバコの影響について紹介してきます。
| 341 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

翠