2017年3月6日 更新

インプラントの費用や価格は|保健なしで安心して受けられる相場とは

インプラントをしてみたいけど、実際にどのくらいの費用がかかるか分からない。という方も多いのではないでしょうか。歯医者によって費用が異なることや、安いインプラントのデメリットなど基本的な知識があるのとないのでは、歯医者選びも変わってきます。今回はそんな初めてのインプラントの不安を取り除きましょう。

40 view お気に入り 0

■インプラントの費用の相場は実際どのくらい?

 (361)

インプラントの治療を受ける際に一番多くの方が気にされるのは「費用」です。インプラントの費用には保険は適用にならないため、全額自己負担になります。全国的な費用の平均値が1本あたり「30万〜40万」と言われていますが、都心部などになると「約39万〜」と少し高くなるようです。また、手術代の他に診察料、人工歯費用、メンテナンス料など総合的な金額を把握した上で治療にのぞむ準備が必要になります。
また、インプラント治療1本あたりの費用の内訳としては、おおよそ下記のようになります。

・精密検査・診断料 ・・・ 約15,000~50,000円
・インプラントを埋め入れる手術代 ・・・ 約100,000~385,000円
・人工の歯の費用(オールセラミックなど) ・・・ 約100,000~150,000円
・メンテナンス ・・・ 約5,000~10,000円

■なぜインプラントの費用は病院によって違うのか

 (4500)

インプラントを検討していて多くの人々が疑問に思うのは「費用の差が歯医者によって激しい」ことです。
格安をうたっている委員などは1本7万円から高額な歯医者になると1本50万円まで差があるところもあります。
結果から申し上げると、「歯医者の総合的な技術力の差」ということが言えるでしょう。

ここで表す「総合的」というのは、院長の技術取得にかかった経済的費用や設備投資金額や立地、スタッフの質、等々様々な要因があります。
安かろう悪かろうということではないですが、手術をして、自分の体の一部になる手術を「安い」だけで決めるのは時期尚早です。インプラントの価格=費用に裏付けされた技術があるのではないでしょうか。
ご指摘のとおり、インプラントの治療費用は各施設でかなり大きく異なります。
実際インプラント自体で3倍以上もの原材料価格差があります。
そのうえで、術前のシュミレーションをどこまで精密に行うか、手術や診療時のスタッフがどれだけ充実しているか、どのレベルまで器材をディスポーザブル(使い捨て)で使用するか、さらには立地や設備などの良し悪しにより、治療費用が異なるのが経済基本の原理原則です。

■安いインプラント治療のデメリットを知ろう

Free photo: Woman, Poses, Elearning, Female - Free Image on Pixabay - 1447065 (4501)

実は1本7万円から10万円くらいの費用で施述を行なっている歯医者も中には存在します。
なぜそこまで費用を安くすることができるのでしょうか。

ここで考えられる要因は主に2つです。

・1つ目は、インプラントに使用をする素材や診察内容を変更して価格を抑えている場合があります。

・2つ目は単純に技術力の差です。
安いインプラントが全て当てはまる訳ではありませんが、価格が安い分デメリットも承知で施述を受けなければなりません。主なデメリットとして以下が挙げられます。
・麻酔
局所麻酔のみの可能性があります。静脈内鎮静法を希望する場合は確認が必要です。
・検査内容
いまやCT撮影は必須とも言われていますが、パノラマレントゲンのみというケースもあります。
・上部構造の素材
上部構造(被せ物)の素材は、審美性だけでなく耐久性にも影響します。一見それほど変わらないように見えても、使っているうちに劣化・変色・破損など、違いが生じてくる可能性があります。
・保証
保証が短いと、何かあった時に出費が増えてしまう可能性も。10年保証が多い中、3年程度の保証ではちょっと心配かもしれません。

■インプラントとブリッジの違いとは

インプラントを検討されている方は「ブリッジ」という治療法もよく目にするのではないでしょうか。
まずインプラントとブリッジ治療では「費用感」に決定的な違いがあります。

インプラントが平均30万円からなのに対してブリッジ治療は「3万円程度」から受けることが可能になります。

これはブリッジが保健適用内で治療をすることができるのです。
しかし、ブリッジの場合は両端の歯を削り、人口の歯を被せる治療法のため健康な歯の寿命を縮めてしまう可能性があります。

■費用だけで決めず、治療内容もしかっり検討しよう

以上のように、ひとえにインプラントといっても様々な費用の幅があります。
一番大切なことは、信頼ができる歯医者に頼むということが先決かと思います。目先の費用に踊らされるのではなく、自分で事前準備を行って納得のいく費用と治療が受けられる歯医者を探しましょう。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

インプラント一本十万円は高い?安い?費用の相場と出費を抑えるテクニック

インプラント一本十万円は高い?安い?費用の相場と出費を抑えるテクニック

インプラント治療が一般に浸透し、近所の歯科医院の看板やインターネット広告でも「格安インプラント」という文字を見かけるようになりました。「インプラント一本十万円から可能!」などという広告もたまに目にしますが、その値段は本当に安いの?と気になっていた方もいますよね。今回はそんなインプラント一本当たりの費用についてみていきましょう。
| 95 view
インプラントは前歯と奥歯で費用が違う?治療を受けるメリットとデメリット

インプラントは前歯と奥歯で費用が違う?治療を受けるメリットとデメリット

「前歯のインプラントは高いらしい」「インプラントの中でも前歯は失敗しやすい」こんな噂を聞いたことはありませんか?そこで今回は前歯と奥歯とでは本当に費用が違うのか、治療を受けるメリットとデメリットについて見ていきたいと思います。
| 214 view
インプラントの【手術・痛み・費用】が怖い!解消のヒント教えます

インプラントの【手術・痛み・費用】が怖い!解消のヒント教えます

さまざまな面からインプラントが怖いと感じている人は少なくないのではないでしょうか。しかしその怖さは「未知なる治療」だからこそ、感じているものなのかもしれません。こちらでは、特に感じている人が多い、手術・痛み・費用について、その怖さ解消のヒントをご紹介しています。
| 92 view
インプラントの相場は〇十万円?相場に差が生まれる秘密とは

インプラントの相場は〇十万円?相場に差が生まれる秘密とは

「虫歯や歯周病で歯を失ったので、インプラントを考えている…」という人にとって「相場はだいたいいくらくらいなの?」というのはとても気になるものですよね。今回はそんなインプラントの相場についてご紹介していきたいと思います。相場に幅が出てしまうその理由についても迫っていきましょう。
| 40 view
【保存版】インプラント治療の流れとは|費用や痛み保険などを知ろう

【保存版】インプラント治療の流れとは|費用や痛み保険などを知ろう

インプラント治療は痛みが少なく、ブリッジ治療や入れ歯とも違い長期間使用をすることができる画期的な治療法として知られています。インプラント治療の総合的な期間や、費用など事前に知っておいた方がいいことを中心にまとめてみました。ぜひ一度インプラントを検討されている方は目を通して、どのようなことを準備する必要があるか確認しておきましょう。
クッスン | 70 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

クッスン クッスン