2017年11月2日 更新

ホワイトニング歯磨き粉の効果を上げる方法

ホワイトニング歯磨き粉を使って歯を白くするわけですが、せっかく行うのであれば少しでも白さを実感できるほうがいいですよね!ホワイトニング歯磨き粉の効果を高める方法をお伝えします。

使用する歯ブラシの硬さを意識する

歯の表面についている汚れを落とす際に、歯ブラシの毛の硬さは非常に大きな意味を持っています。ホワイトニング歯磨き粉を使用して歯を白くしようとする場合、毛先がかための歯ブラシは使用しないようにしましょう!毛先の硬い歯ブラシを使用すると歯茎や歯に強い刺激を与えてしまうことになるので、歯茎から血が出てしまったりと炎症が起こる原因になってしまいます。
ホワイトニング歯磨き粉を使用して歯を磨くのであれば、毛先はふつうもしくはやわらかめの歯ブラシを使用します。人によっては毛先がふつうの歯ブラシを使用していても強い力で歯を磨いていると当然歯茎などを傷つけてしまう恐れがありますし、毛先が柔らかすぎると今度は汚れが落ちにくい可能性も出てきます。
何パターンかの歯ブラシを用意し、自身に一番最適な歯ブラシを使用するのが良いかと思います。

Free photo: Toothbrush, Toothpaste, Dental Care - Free Image on Pixabay - 571741 (12077)

歯磨き粉の使用量を少量にする

歯磨きの際に歯磨き粉を歯ブラシ全体に塗って歯磨きをされる方もおられますが、ホワイトニング歯磨き粉に関しては本当に先端部分だけのようなごく少量の使用でも十分な効き目があります。ホワイトニング歯磨き粉の中に歯についているステインという成分に反応するように広がる有効成分が含まれています。しかし、より強い効果を求めて歯磨き粉を大量に使用してしまうと、歯磨き粉によっては研磨剤と呼ばれる歯を削る成分が含まれているものもあり、かえって歯の表面にあるエナメル質を傷つけてしまう恐れがあるのです。少量の歯磨き粉を歯全体に伸ばしていくイメージで歯を磨いていくと良いでしょう。
Free photo: Toothpaste, Toothbrush, White - Free Image on Pixabay - 1786388 (12078)

歯ブラシを水に濡らさずに使用する

普段の歯磨きにおいて歯ブラシを濡らして使用している方が多いのではないかとお思いますが、ホワイトニング歯磨き粉を使用する際は、歯ブラシを濡らして使用する必要性はありません。
むしろ水で濡らしてしまうことによって、ホワイトニング歯磨き粉の中に含まれている成分が薄くなってしまって効果も弱くなってしまいます。確かに歯ブラシを水で濡らすことによって歯磨き粉が泡立つため、歯を磨いているという気分になりやすいのかもしれません。しかし、ホワイトニング歯磨き粉の効果をより高めようとすると歯ブラシを水で濡らさないのが正解になるのです。ぜひ覚えておきましょう!

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ホワイトニング歯磨き粉を使用する際の注意点

ホワイトニング歯磨き粉を使用する際の注意点

ホワイトニング歯磨き粉はただ単に使用すれば歯が白くなるというわけではありません。使用時の注意をしっかりと確認してホワイトニングを行うようにしましょう!
Rits | 7 view
ホワイトニング歯磨き粉を使って効率的に白くする頻度や時間は?

ホワイトニング歯磨き粉を使って効率的に白くする頻度や時間は?

私たちは普段から習慣として歯磨きを行っていますが、1日のうち最適な回数や時間などを理解して歯を磨いている人はごくわずかです。ホワイトニング歯磨き粉を使用して効率的に歯を磨く数値はいくらかを説明します。
Rits | 4 view
ホワイトニング用歯磨き粉の効果と歯科で行うホワイトニングとの違いは?

ホワイトニング用歯磨き粉の効果と歯科で行うホワイトニングとの違いは?

ホワイトニングをするにあたって歯科に行かなくても歯磨き粉で十分な効果が出るのであればそちらで済ませたいですよね。実際にホワイトニングをするにあたって両者の効果の違いを見ていきたいと思います。
Rits | 4 view
ホワイトニング歯磨き粉の選び方

ホワイトニング歯磨き粉の選び方

自分でホワイトニングをしたいけれど歯磨き粉ってどういう基準で選んだらよいのかわかりにくいですよね。ホワイトニング用の歯磨き粉の選び方を説明していきたいと思います。
Rits | 5 view
ホワイトニング歯磨き粉は効果があるの?

ホワイトニング歯磨き粉は効果があるの?

ホワイトニングを行うにあたり、自宅でなおかつ日常生活と同じ内容のことをして歯が白くなるのであればこれほど嬉しいことはありませんよね。実際に歯磨き粉を使用することで効果があるかを見ていきたいと思います。
Rits | 2 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Rits Rits